手指のシビレ

 

神経は頭から首、鎖骨の下を通って腕、肘、手首、指先へとつなっがていきます。

 

その中でも圧迫されやすいのは

・首の骨の周囲

首の骨が変形したり、軟骨が出っ張ってきて神経が圧迫され、手がしびれる。

 

・鎖骨の下

胸郭出口症候群と呼ばれます。肋骨と鎖骨の間を通る神経や血管が圧迫されると手指の痛みやしびれがでます。

 

・肘の内側

肘部管症候群と呼ばれます。筋力が落ちたり、手のしびれ特に小指側にでます。

 

・手首の靭帯

手根管症候群と呼ばれます。デスクワークなどによる手の使い過ぎで起こりやすく

出産前後の女性ホルモンが変化したときにも起こりやすいです。

 

足のシビレ

 

足のシビレは神経が圧迫されて出るものと、血管が圧迫されて神経の血流が悪くなって出る場合があります。

 

足根管症候群による足のシビレ

かかとや足の裏に通っている神経が圧迫されることによってシビレが出ます。

 

椎間板ヘルニアでの足のシビレ

椎間板とは背骨のクッションの役目を果たしている軟骨のことですが

負担が掛かって後ろや横に飛び出してヘルニアを起こします。

椎間板ヘルニアが神経を圧迫するとシビレが出ます。

 

整形外科に行って薬を服用しても全然よくならない。

診察して薬だけ渡されて終わる。

こんな経験した方はいませんか?

シビレが良くならない理由は原因がそこにはないからです!

筋肉の硬さや血流が悪くてもシビレは起きるので

しっかりお話をお伺いして治療に入らさせていただきます。

 

他にもシビレがでる症状はありますが

主にこれらは鍼灸治療で効果的なので

なかなか痛みやシビレが取れないという場合はご連絡ください!

 

また今週の土曜日10/12は台風の影響で安全面を考え休診させていただきます。

代わりに祝日の10/22(火)は通常通り9:00~20:00まで診療しているので宜しくお願い致します。

 

 

台東区の蔵前・浅草・駒形・墨田区の両国エリアのくらまえ鍼灸整骨院では
患者さん一人一人の状態 しっかり伺った上で、
症状に合わせた治療方法患者さんと相談して決めていきます。
姿勢や骨盤、骨格からくる痛みや症状には痛みの刺激を
最小限に抑えたベッドを使った骨盤矯正や
深いところからの痛みや痺れ、関節の痛みなどには鍼灸治療を
手技治療で検査や状態を確認した上で行っていきます。
また、産後の骨盤の変化による身体の痛みが気になる方は産後調整も行っておりますので
お気軽にお問い合わせください!
名称 くらまえ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0051 東京都台東区蔵前3-21-1 カーサ蔵前1F
電話番号 03-3861-5125
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~20:00 【土曜】9:00~17:00
アクセス方法 【電車】都営大江戸線 蔵前駅より徒歩1分 都営浅草線 蔵前駅より徒歩1分 ※大江戸線と浅草線の乗り換えの際に必ず通ります!JR総武線 浅草橋よりバス5分
診療時間
【平日】9:00~20:00 【土曜】9:00~17:00

お子様連れの方はご予約の際にスタッフにお声掛けください。

 

エキテン http://www.ekiten.jp/shop_193079/review/
Facebook https://www.facebook.com/kuramae.fcc/

>


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容