こんにちは。
くらまえ鍼灸整骨院です。

朝晩はまだ寒いですが、暖かい日が続くようになりましたね。
くらまえ鍼灸整骨院には妊婦さんが非常に多く来院されています。
そこで今日は妊婦さんに多い身体の不調についてお伝えします。
多くの原因は妊娠中に起こる身体の変化です。

 

1、腰の反り返り
おなかが大きくなるにつれて、バランスを取るために腰は反り返るような形になります。
腰が反り返ると、腰椎の関節を圧迫してしまい痛みが出たり、

腹筋側と背筋側のバランスがおかしくなり痛みや違和感が出やすくなります。
特に腹筋は伸ばされ弱くなり、その代わりにおなか側にある腰と股関節を結ぶ大腰筋が緊張します。

この筋肉が足の付け根の痛みや腰痛に関わることが多いです。
また腰が反り返った分、背中のカーブも変化するので背中や肩の張りもよく見られます。

2、骨盤の開き
妊娠後期になると出産に向けて骨盤が開いていきます。

骨盤が開くと仙腸関節という骨盤の関節が不安定になる分、お尻の筋肉が硬くなり骨盤を安定させようとします。
中には左右均等に開かず、どちらかの骨盤が結構開いているのに反対側はそうでもないという

アンバランスさが見られる方もいます。
このようなアンバランスが腰痛やお尻の痛み、足の付け根の痛みなどを起こします。

3、血流の低下
股関節のあたりには、大腿動脈という足のほうに向かう大きな血管があります。
おなかが大きくなるにつれて大腿動脈が圧迫され、足のむくみやこむら返りなどの原因となることがあります。
おなかが大きくなるにつれて体重自体も増加するので、どうしても身体を支える足には負担がかかり、

さらにこのように血流が低下してむくみやこむら返りが起こるのです。

~妊婦さんに多くみられる症状~
・腰痛
・股関節痛
・足の付け根の痛み
・お尻の痛み
・肩こり
・背中の張り
・頭痛
・むくみ
・こむら返り

この中に該当はしませんか?
なんでも相談下さい!

 

くらまえ整骨院では患者さん一人一人の状態をしっかり伺ったうえで、
症状に合わせた治療方法を患者さんと相談して決めていきます。
姿勢や骨盤、骨格からくる痛みや症状には痛みの刺激を最小限に抑えたベッドを使った骨盤矯正や
深いところからの痛みや痺れ、関節の痛みなどには鍼灸治療を手技治療で検査や状態を確認した上で
行っていきます。
また、産後の骨盤の変化による身体の痛みが気になる方は産後調整も行っておりますので
お気軽にお問い合わせください!

くらまえ鍼灸整骨院のエキテンとFacebookがありますので

そちらも併せてご覧ください。

http://www.ekiten.jp/shop_193079/review/

https://www.facebook.com/kuramae.fcc/

 

名称 くらまえ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0051 東京都台東区蔵前3-21-1 カーサ蔵前1F
電話番号 03-3861-5125
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~20:00 【土曜】9:00~17:00
アクセス方法 【電車】都営大江戸線 蔵前駅より徒歩1分 都営浅草線 蔵前駅より徒歩1分 ※大江戸線と浅草線の乗り換えの際に必ず通ります!JR総武線 浅草橋よりバス5分
診療時間
【平日】9:00~20:00 【土曜】9:00~17:00